人事・労務

アルバイト1500人巻き込んで“体温”高めたスープストックの人材活用術の妙

スープ専門店「Soup Stock Tokyo」を展開するスープストックトーキョーは2016年に分社化。アルバイトスタッフを“パートナー”としている同社は“客数アップ”と“採用費減”を目標にさまざまな人材育成施策を進めている。

 “食べるスープ”をコンセプトに、うま味調味料や保存料を添加せず、素材の旨みを生かしたスープの専門店「Soup Stock Tokyo」を駅ビルなどの駅構内、オフィスビルの飲食店街など関東を中心に展開するスープストックトーキョー。2016年2月に事業分割して独立した同社では、人材の採用と育成にあたり、企業理念に立ち返ったという。

 7月12日に「HR EXPO」内で「社員の体温をあげる! スープストックトーキョーの採用活動と人材育成」と題した講演、同社取締役 兼 ブランディング本部 本部長 兼 人材開発部 部長の江澤身和氏は、製品やサービスと同様に手作り感と真心感が詰まった同社の人事活動について紹介した。

 スープストックトーキョーの現在の売上高は80憶円。関東を中心に、東海、関西、九州地方に68店舗を構え、184人の社員の他に約1500人のアルバイトが従事している。同社ではアルバイトスタッフを“パートナー”と呼び、同社の企業理念である“世の中の体温を上げる”を支える大切な一員として手厚く扱われている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2099文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]