バックアップ アーク情報システム

HD革命/BackUp Next:自動化機能も備えたWindows用バックアップソフト

Windows用バックアップソフト「HD革命/BackUp Next」はウィザード形式のメニューでバックアップ、復元できる。指定したタイミングで自動的にバックアップ可能。バックアップ対象、バックアップ先ともに複数から選択できる。

HD革命/BackUp Nextのポイント

  • 指定したタイミングでの自動バックアップにも対応
  • 増分バックアップを指定した間隔で自動的に行う機能も搭載
  • 起動できなくなった場合でも、CDやUSBメモリから起動してファイルを復元

HD革命/BackUp Nextの製品解説

 アーク情報システムの「HD革命/BackUp Next」は、Windows用バックアップソフトだ。「スタンダード」と「プロフェッショナル」があり、それぞれダウンロード版も用意される。

編集部おすすめの関連記事

 ウィザード形式のメニュー表示が用意され、初心者でも簡単にバックアップや復元を操作できる。システムドライブのバックアップは、保存先を選択するだけで可能だ。

 バックアップ対象としては、PC丸ごとのほか、ディスクやドライブ単位、ファイルやフォルダ単位、外付けのハードディスクドライブ(HDD)も選択できる。バックアップ先も複数から選択でき、内蔵あるいは外付けのHDDやソリッドステートドライブ(SDD)、DVDやBD、USBメモリやSDカードなどのリムーバブルメディアのほか、プロフェッショナルではFTPサーバも利用可能だ。

 曜日や時間、ログオン時など指定したタイミングでの自動バックアップにも対応。プロフェッショナルではWindowsイベント発生時を指定することも可能だ。前回のバックアップ以降に変更されたファイルのみのバックアップする“増分バックアップ”を指定した間隔で自動的に行うタイムスライスバックアップ機能も備えている。

 復元については、3日前の11時、5時間前、といった過去の日時を指定すれば、その時点の状態に戻すことができる。

 バックアップ方式は、ファイルとセクタの2つから選択可能だ。

 ファイルバックアップでは、フォルダツリーの中から任意に選択したファイルをバックアップすることが可能で、対象のドライブに存在するファイル、フォルダの属性や権限を確認しながらひとつひとつバックアップが行われる。

 セクターバックアップではHDDの最小記憶単位であるセクターごとにバックアップするため、ファイルやフォルダの数が多い場合でも高速にバックアップできる。

 Windows PE起動用メディアの作成機能も備えており、あらかじめ作成しておけば、Windowsが起動できなくなった場合でも、CDやUSBメモリから起動してファイルを復元できる。

HD革命/BackUp Nextのまとめ
用途と機能Windows用バックアップソフト
特徴曜日や時間、ログオン時など、指定したタイミングで自動バックアップにも対応。プロフェッショナルではWindowsイベント発生時を指定することも可能。3日前の11時、5時間前、といった過去の日時を指定すれば、その時点の状態に戻すことができる
税別価格スタンダード
1台版:4280円、3台版:6880円、ダウンロード版:3380円
プロフェッショナル
1台版:4980円、3台版:7980円、ダウンロード版:4480円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]