開発ツール

「Raspberry Pi」を使った火星探査機「Curiosity」の小型モデル--NASAが設計図を公開

米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「Curiosity」打ち上から7年が経ち、一般ユーザーが自分で組み立てられるミニ探査機が登場した。35ドルのシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」を利用する。

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「Curiosity」打ち上から7年が経ち、一般ユーザーが自分で組み立てられるミニ探査機が登場した。25億ドルが投じられたオリジナルプロジェクトとは違い、個人の手の届く価格で提供されている。

 NASAのジェット推進研究所(JPL)が手がける「Open Source Rover Project」が、6輪を備えたCuriosityの小型モデルの設計図と組み立て方法を公開した。

 JPLによると、今回のプロジェクトをオープンソース化することで、一般の人々にも宇宙探査ロボットの組み立てに必要な感覚を体験してもらえるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1018文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]