人材管理 東芝ソリューション

Generalist/CM:業務経験や資格など4要素で一元管理する人材管理ソフト

人材管理ソフトウェア「Generalist/CM」は、個人のキャリアを「研修履歴」「取得資格」「業務経験」「認定」という4つの要素で一元管理する。個人のキャリアレベルを「キャリアマップ」で評価、判定する。

Generalist/CMのポイント

  • 「研修履歴」「取得資格」「業務経験」「認定」で一元管理
  • 部下がどのようなステータスに何人いるのかを確認
  • レベルアップのために必要となるキャリアを確認

Generalist/CMの製品解説

 東芝デジタルソリューションズの「Generalist/CM」は人材管理ソフトウェア。個人と組織の一体のキャリアマネジメントで、組織での人材の開発と育成を支援する。人材管理ソフトウェア「Generalist」シリーズに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 従業員個人のキャリアを「研修履歴」「取得資格」「業務経験」「認定」という4つの要素で一元管理。各要素とも計画登録から実績まで一連のステータス管理が可能で、社内認定の設定など柔軟な運用を実現できるとしている。

 受講申請や実績申請の承認権限を各研修・各資格などを個別に設定することが可能。上司は、部下がどのようなステータスに何人いるのかを確認できるほか、メール機能によって管理をサポートし、周知徹底系教育の受講忘れを防止できる。

 個人のキャリアレベルを「キャリアマップ」(指標)で評価、判定できる。一般ユーザーに対しては、自身が満たしている条件をビジュアルで分かりやすく表示し、レベルアップのために必要となるキャリアを確認可能。管理者からは、組織単位でキャリアマップ上のレベル分布が把握できる。

Generalist/CMのまとめ
用途と機能人材管理ソフト
特徴「研修履歴」「取得資格」「業務経験」「認定」で計画登録から実績まで一連のステータスを管理。個人のキャリアレベルを「キャリアマップ」で評価、判定。従業員個人が満たしている条件をビジュアルで分かりやすく表示

「人材管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]