人材管理 東芝ソリューション

Generalist/CM:業務経験や資格など4要素で一元管理する人材管理ソフト

人材管理ソフトウェア「Generalist/CM」は、個人のキャリアを「研修履歴」「取得資格」「業務経験」「認定」という4つの要素で一元管理する。個人のキャリアレベルを「キャリアマップ」で評価、判定する。

Generalist/CMのポイント

  • 「研修履歴」「取得資格」「業務経験」「認定」で一元管理
  • 部下がどのようなステータスに何人いるのかを確認
  • レベルアップのために必要となるキャリアを確認

Generalist/CMの製品解説

 東芝デジタルソリューションズの「Generalist/CM」は人材管理ソフトウェア。個人と組織の一体のキャリアマネジメントで、組織での人材の開発と育成を支援する。人材管理ソフトウェア「Generalist」シリーズに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 従業員個人のキャリアを「研修履歴」「取得資格」「業務経験」「認定」という4つの要素で一元管理。各要素とも計画登録から実績まで一連のステータス管理が可能で、社内認定の設定など柔軟な運用を実現できるとしている。

 受講申請や実績申請の承認権限を各研修・各資格などを個別に設定することが可能。上司は、部下がどのようなステータスに何人いるのかを確認できるほか、メール機能によって管理をサポートし、周知徹底系教育の受講忘れを防止できる。

 個人のキャリアレベルを「キャリアマップ」(指標)で評価、判定できる。一般ユーザーに対しては、自身が満たしている条件をビジュアルで分かりやすく表示し、レベルアップのために必要となるキャリアを確認可能。管理者からは、組織単位でキャリアマップ上のレベル分布が把握できる。

Generalist/CMのまとめ
用途と機能人材管理ソフト
特徴「研修履歴」「取得資格」「業務経験」「認定」で計画登録から実績まで一連のステータスを管理。個人のキャリアレベルを「キャリアマップ」で評価、判定。従業員個人が満たしている条件をビジュアルで分かりやすく表示

「人材管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]