OS・ミドルウェア

LinuxでSFTPサーバをセットアップ--安全なファイル転送を可能に

本記事では、LinuxでSFTPサーバのセットアップ手順を説明する。具体的には、SFTPログインのみに限定された1人のユーザーを作成する。

 「CentOS 7」などのLinuxサーバディストリビューションは非常に強力なサーバで、読者のビジネスが必要とする以上のパフォーマンスを提供する。どのようなタスクを与えても、サーバはそれを処理する準備ができている。初期状態でサーバの準備が整っていない場合は、ユーザー側でセットアップを実行するといい。

 例えば、CentOS 7を設定して、簡単にSFTPサーバとして動作させることができる機能を見てみよう。SFTPについてよく知らない読者のために説明しておくと、SFTPとは「Secure Shell」(SSH)に組み込まれたFTPサービスのことで、SSHを使ってサーバとの間で安全にファイルをやりとりできる機能をユーザーに提供する。CentOS 7では、この機能を利用するのに、サードパーティーのソフトウェアをインストールする必要はない。必要な全てのものが初期状態でインストールされている。ただし、これを設定するには、少しだけ作業が必要になる。

 本記事では、SFTPサーバのセットアップ手順を説明する。具体的には、SFTPログインのみに限定された1人のユーザーを作成する。この手順を学習すれば、必要なだけ多くのユーザーを作成できるようになる。CentOS 7をプラットフォームとして使って説明を進めるが、この手順はどのLinuxディストリビューションでも実行可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1893文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]