コミュニケーション

Chat&Messenger:テレビ会議やスケジュール共有も使えるチャットツール

チャットツール「Chat&Messenger」は、テレビ会議やスケジュール共有なども搭載。基本機能を無料で利用できる。オプションでモバイルに対応して、テレワークに活用可能。

Chat&Messengerのポイント

  • 同じLAN内でユーザー同士でチャット、画面を見ながらレビュー
  • 音声通話中にリアルタイムでデスクトップ画面を送信
  • オプションでモバイルに対応、テレワークに活用可能

Chat&Messengerの製品解説

 「Chat&Messenger」は、さまざまな機能を統合したビジネスチャットツール。テレビ会議や音声会議、スケジュール共有などが統合されている。基本機能は無料で利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 チャットは、同じLAN内で「Chat&Messenger」を使用しているユーザー同士で利用できるもので、チャットルームは公開、プライベートの制限を付け、LAN内に自由に作成できる。画面キャプチャ機能も備えており、チャットと連携させてウェブ画面や設計書のレビューなどを効率化することができる。

 メッセンジャーは「IP Messenger」互換で、LAN内のChat&MessengerとIP Messengerユーザーを自動認識し、双方にメッセージを送信できる。メッセージは本文を公開鍵暗号方式で暗号化して送信される。オンライン、オフラインといったほかのユーザーの状態を一目でわかるプレゼンスを備えており、オフラインユーザーに対してメッセージの保管と自動送信も可能だ。

 テレビ会議や音声通話の機能も備える。テレビ会議は、会議専用のウェブカメラを用意するだけで構築できる。クライアントユーザーを自動認識するため、人事異動や席替えなどの際にも管理の手間はかからない。音声通話中にリアルタイムでデスクトップ画面を送信できる機能も備えており、会議中のプレゼンやヘルプデスクなどに活用できる。

 同社が提供する「Chat&Messenger クラウドサービス」に接続する有償オプションも用意されている。メールドメイン単位でユーザーが自動認識されるため、テレワークにも対応するほか、Android/iOSのモバイルアプリも連携できる。

Chat&Messengerのまとめ
用途と機能テレビ会議や音声会議、スケジュール共有なども搭載するチャットツール
特徴チャットルームは公開、プライベートの制限を付け、LAN内に自由に作成。オンラインやオフラインといったほかのユーザーの状態を一目でわかるプレゼンス機能も搭載。音声通話中にリアルタイムでデスクトップ画面を送信可能
税別価格Chat&Messengerクラウドサービス:1ユーザー月額300円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ネットワーク管理者を不幸にする真犯人は?SD-WANをマンガで解説
  2. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  3. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  4. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  5. 移行が本格化! 今こそ問うべきクラウドセキュリティ「5つの都市伝説」

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]