人事・労務 東芝ソリューション

Generalist/HR:異動シミュレーションが可能な人事管理ソフトウェア

人事管理ソフトウェア「Generalist/HR」は、人事情報を管理、活用するとともに異動シミュレーションが可能。企業グループ全体での人材データベースとしても活用可能、シェアードサービスの基盤にも対応する。

Generalist/HRのポイント

  • 部門異動や昇給、昇格、兼務、出向、退職、休職などに対応
  • 個人や組織など全データを世代管理し、基準日時点の情報を再現
  • 組織や社員の異動をシミュレーションする機能も搭載

Generalist/HRの製品解説

 東芝デジタルソリューションズの「Generalist/HR」は人事情報の管理と活用、異動シミュレーションなどが可能な人事管理ソフトウェア。人材管理ソフトウェア「Generalist」シリーズに含まれる。

編集部おすすめの関連記事

 マルチカンパニー対応策として、事業部別や会社別での管理、グループ会社を1法人下に階層化のどちらにも対応する。企業グループのシェアードサービス対応としては、マスター情報など各種情報の法人間コピー、業務プロセスマネジメント機能などを利用できる。

 標準テーブル以外で管理したい項目があれば、汎用テーブルに項目を追加、管理できる。教育や研修の履歴、免許や資格、スキル、業務履歴などの情報を一元管理するデータベースとして利用できる。グループ人事検索で法人間での各種情報も横断的に検索できる。

 採用や部門異動、昇給、昇格、兼務、出向、退職、休職などさまざまな異動に対応。個人情報から家族情報、異動案をはじめ、拡張情報までCSVで取り込める。

 人事情報の管理と活用では、個人や組織、マスター情報など全データを世代管理し、基準日時点の情報を忠実に再現することが可能。全項目を検索キーとして任意の条件でデータ抽出でき、検索結果は出力してEUCで加工も自由に行える。

 異動シミュレーションは、組織や社員の異動を簡単にシミュレーションできる機能だ。組織図上でシミュレーション登録と、トレイン型シミュレーション処理の登録が行える。

 オプションの申請テンプレートを利用することで、ワークフローによる申請業務を効率化。企業ごとに任意の申請画面を作成できるなど、複雑な申請業務を円滑に運用するとともに、社員サービスを強化できる。

 個人情報保護法に対応した監査ログやファイル出力、アクセス制御も可能。

Generalist/HRのまとめ
用途と機能人事情報を一括管理できる人事管理ソフト
特徴個人や組織など全データを世代管理し、基準日時点の情報を再現。組織や社員の異動をシミュレーション。教育や研修の履歴、免許や資格、スキル、業務履歴などの情報を一元管理するデータベースとして利用可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]