ドローン AI・機械学習

自律飛行する小型ドローン--産業にもたらす新たな可能性

人間が操作しなくても動くナノドローンが開発された。このドローンが与える影響にはどのようなものがあるだろうか。

 人間が操作しなくても自ら飛行する初のナノドローンが、科学者らによって開発された。これにより、人工知能(AI)の小型化と処理能力の抑制に向けた新たな道が開かれた。

 チューリッヒ工科大学とボローニャ大学の研究者6人が、「DroNet」を使ってドローンのわずかな動力やメモリ制限を最大化する方法をあみ出した。彼らが5月に発表した論文によると、DroNetとは「軽量の残差畳み込みニューラルネットワーク(CNN)アーキテクチャ」だという。

 このプロジェクトを率いている科学者の1人、Antonio Loquercio氏がThe Registerに伝えたところによると、マシンの演算および航行制御は、完全にデバイス上にて実現されているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1876文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  2. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  3. よくわかるCloud Access Security Broker(CASB)導入のポイント
  4. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  5. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]