OS・ミドルウェア

Linuxの「dmesg」コマンド--トラブルシューティングに役立つ便利なツール

Linuxの「dmesg」コマンドは、システムで起きていることを把握するのに大いに役立つ。ここでは、同コマンドの使い方を解説する。

 Linuxデータセンターサーバに障害が発生することは、めったにない。しかし、まれにそうした問題が起こるのも事実である。それはなぜか。完璧なものなど存在しないからだ。そして、マシンがネットワークに接続されている場合、何らかの問題が発生するタイミングを予測するのは不可能だ。そうした恐ろしくて避けがたいことが実際に起きてしまっても、問題解決に必要なあらゆるツールが用意されているので、安心してほしい。

 有能な管理者なら、まずログを確認するはずだ。それらの不思議な文字の中には、挙動のおかしい多くの王国への鍵が隠されている。ほとんどのサービス(「Apache」や「MySQL」など)で、個々のログを確認することが可能で、接続や認証、セキュリティなど、さまざまな問題に関するヒントが得られる。だが、調べる必要のあるシステムがサーバプラットフォーム自体の場合は、どうすればいいのだろうか。ハードウェア関連の問題がある場合は、どのログファイルを調べればいいのだろうか。

 筆者が最初に注目するのは、起動中に読み込まれるさまざまなデバイスドライバについて詳細な情報を提供する特別なコマンドだ。このコマンドによって提示される情報は、Linuxシステムで起きていることを把握するのに大いに役立つ。そのコマンドとは、dmesgのことだ。筆者は何十年にもわたって、Linuxサーバおよびデスクトップのトラブルシューティングにこのツールを使用してきた。読者の皆さんもこの便利なコマンドを利用すべきだ。以下で具体的な使い方を解説する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1780文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]