人事・労務

数億円単位で残業代削減、離職率6%にしたアクセンチュアの苦労と地道な努力

組織風土を改革する取り組みである「Project PRIDE」を3年間進めてきたアクセンチュアは40~50時間が当たり前だった月間平均残業時間を16.5時間に短縮。離職率を6%にまで低減させた。同社の取り組みを人事部長が語った。

 コンサルティングファームとして名高いアクセンチュア。だが、同社執行役員 人事部長である武井章敏氏が「最も長時間労働な業種。年間平均労働時間はようやく2100時間がみえてきた」と述べるように、長時間労働が組織全体に染みついてしまっている課題を抱えていた。

 7月11~13日に東京ビッグサイトで開催された「総務・人事・経理ワールド2018」を構成する「働き方改革EXPO」で武井氏は「グローバル&テクノロジ時代の働き方改革」というテーマで講演した。

 長時間労働が組織全体に染みついてしまっている状況を変えるため、同社は組織風土改革プロジェクト「Project PRIDE」という取り組みに挑んだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2011文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]