コミュニケーション アイアクト

Cogmo Attend:自然言語でやり取りできるチャットボット--条件分岐にも対応

チャットボットサービス「Cogmo Attend」は、IBM Watsonの技術を利用することで自然言語を理解して応答が可能。会話の流れで質問を絞り込んだり、顧客の回答を誘導することができるようになる。

Cogmo Attendのポイント

  • 自然言語で枝状に分岐して会話
  • テキストでのやり取りがベースだが、音声でも回答
  • モバイルアプリに対応

Cogmo Attendの製品解説

 アイアクトの「Cogmo Attend」は、「IBM Watson」の技術を利用したチャットボットサービス。人間が日常で話す言葉=自然言語を理解して応答が可能なだけでなく、複雑な分岐条件のある質問にも対応。

編集部おすすめの関連記事

 用意する会話は導入企業ごとの専用設計。従来からあるチャットボットは単純な一問一答形式が多いが、「Cogmo Attend」なら枝状に分岐して会話を進めることが可能。これにより、会話の流れで質問を絞り込んだり、顧客の回答を誘導できたりができる。

 例えば「駅に近い家に住みたいがオススメは?」という質問に対しては、一問一答形式で答えを導くことができない。この場合、「お住まいはどちらの沿線をご希望ですか?」などさらに質問を重ねるなどが可能。

 分岐型は、回答に至るまでにいくつか質問する必要があるとともに分岐した方がより正確な回答を得られたり条件によって質問が変わったりする場合に向いている。向いている分野としてコールセンターやFAQ、予約紹介などを挙げている。

 テキストでのやり取りがベースだが、音声で回答することも可能。インターフェースはウェブを前提にしているが、「LINE ビジネスコネクト」「Facebookメッセンジャー」などのアプリでも利用できる。

 チャットボットを導入する場合は用途によって機能の検討が必要だが、チャットボットで用意できない回答でも、別売のコグニティブ検索サービス「Cogmo Search」と連動すれば、検索結果から案内することが可能になる。

Cogmo Attendのまとめ
用途と機能自然言語を理解して応答するチャットボットサービス
特徴枝状に分岐して会話、質問を絞り込んだり回答を誘導したりできる。テキストでのやり取りがベースだが、音声でも回答
税別価格ライセンス:50万円、月額利用料:10万円~、会話構築支援:200万円~

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]