IaaS PaaS サーバーワークス

Cloud Automator:標準で提供していないアクションも可能なAWS運用自動化

AWS運用自動化サービス「Cloud Automator」は、バックアップやインスタンスの起動や停止など、さまざまな操作を自動化できる。リソースが決められたルールに従って構成されているか定期的にレビューする機能も利用できる。

Cloud Automatorのポイント

  • RDSの起動と停止やEC2のインスタンスタイプ変更なども自動化
  • リソースが決められたルールに従って構成されているか定期的にレビュー
  • AWSで付与したタグをそのまま活用

Cloud Automatorの製品解説

 サーバーワークスの「Cloud Automator」は、Amazon Web Services(AWS)の運用を自動化できるサービス。バックアップやインスタンスの起動と停止など、さまざまなオペレーションを自動化できる。

編集部おすすめの関連記事

 プログラミング不要で、画面から操作するだけで運用を自動化できるという。AWSの運用に欠かせないさまざまなオペレーションや、決められたセキュリティルールで運用されているかどうかのチェックなど、画面から設定するだけで簡単に行える。

 ジョブ自動化では、Oracle DBやMySQL、SQL Serverを対象とした「Amazon Relational Database Service(RDS)」の起動と停止、仮想マシンサービス「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」のインスタンスタイプ変更などAWSが標準で提供していない独自のアクションも取り揃えている。ブロックストレージサービス「Amazon Elastic Block Store(EBS)」のスナップショットも定期的に取得できる。

 AWSで付与したタグをそのまま活用できる。「環境」タグに「本番」という値が付いたインスタンスだけを対象にするといった指定ができる。APIコール後もトラッキングして「操作が正しく終了したかどうか」もチェックする。APIプログラミングも簡単になると言う。

 AWSのリソースが決められたルールに従って構成されているか定期的にレビューする機能を搭載。これにより、AWSの環境が当初計画された通りに運用されているかどうかが、誰でもすぐに把握できるようになる。

 「仮想デバイスを使ってルートアカウントに多要素認証が有効化されている」「CloudTrailが有効化され、ログの保存先としてS3バケットが指定されている」「IAMグループが1つ以上作成されている」なども定期的にレビューする。

 料金はPRO、BUSINESS、ENTERPRISEの3プラン。プランごとに利用可能なユーザー数とAWS認証情報や操作ユーザーをまとめて管理できる“グループ”の数に上限がある。プランごとにAWSリソースの操作回数の上限も設定されている。構成レビューは従量課金制となっており、1ポリシーあたり1つごとに月額500円がかかる。

Cloud Automatorのまとめ
用途と機能AWS運用自動化サービス
特徴RDSの起動と停止やEC2のインスタンスタイプ変更などAWSが標準で提供していない独自アクションにも可能。EBSのスナップショットも定期的に取得。AWSの環境が当初計画された通りに運用されているかどうか把握可能
Cloud Automatorの料金プラン
PROBUSINESSENTERPRISE
ユーザー数上限1050100
グループ数上限1050100
運用ジョブ実行上限20010005000
税別月額2万4000円4万8000円14万8000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  2. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  3. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]