OS・ミドルウェア

Linuxで不要なリポジトリを削除--「software-properties-gtk」を使用した方法

ユーザーフレンドリーなGUIの助けを借りて、Linuxディストリビューションからリポジトリを削除する方法を紹介する。

 筆者が「Ubuntu Linux」(あるいは「Elementary OS」などの派生OS)を1年程度使用すると、ほぼ確実に、インストールして削除したかもしれないソフトウェアやそもそも不要だったソフトウェアのリポジトリがいくつか作成されている。つまり、/etc/apt/sources.dがかなり混雑し、aptアップデートプロセスが少し重くなる。ひどい場合だと、リポジトリが壊れて、aptアップデートが停止することもある。こうした理由から、筆者はそれらのリポジトリを最小限に抑えるために大変な努力をしている。これは、ターミナルウィンドウを開いて当該ディレクトリを綿密に調べる(そして、不要な.listファイルを削除する)、という単純な方法で実行することも可能だ。

 確かに、サードパーティーの「ppa-purge」ツールをインストールすることも可能だが、ユーザーがリポジトリの正式な名前を知っている必要がある。読者の皆さんはどうか分からないが、筆者の場合、PPAをインストールしたら、すぐに正式な名前を忘れてしまう。幸い、もっと簡単な方法がある。この方法は、Linuxディストリビューションに既に組み込まれている。コマンドラインの使用はできるだけ避けたいと考えている人にとって、このツールは信じられないほど使いやすいはずだ。

 本記事では、ユーザーフレンドリーなGUIの助けを借りて、Linuxディストリビューションからリポジトリを削除する方法を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1925文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]