OS・ミドルウェア

Linuxで不要なリポジトリを削除--「software-properties-gtk」を使用した方法

ユーザーフレンドリーなGUIの助けを借りて、Linuxディストリビューションからリポジトリを削除する方法を紹介する。

 筆者が「Ubuntu Linux」(あるいは「Elementary OS」などの派生OS)を1年程度使用すると、ほぼ確実に、インストールして削除したかもしれないソフトウェアやそもそも不要だったソフトウェアのリポジトリがいくつか作成されている。つまり、/etc/apt/sources.dがかなり混雑し、aptアップデートプロセスが少し重くなる。ひどい場合だと、リポジトリが壊れて、aptアップデートが停止することもある。こうした理由から、筆者はそれらのリポジトリを最小限に抑えるために大変な努力をしている。これは、ターミナルウィンドウを開いて当該ディレクトリを綿密に調べる(そして、不要な.listファイルを削除する)、という単純な方法で実行することも可能だ。

 確かに、サードパーティーの「ppa-purge」ツールをインストールすることも可能だが、ユーザーがリポジトリの正式な名前を知っている必要がある。読者の皆さんはどうか分からないが、筆者の場合、PPAをインストールしたら、すぐに正式な名前を忘れてしまう。幸い、もっと簡単な方法がある。この方法は、Linuxディストリビューションに既に組み込まれている。コマンドラインの使用はできるだけ避けたいと考えている人にとって、このツールは信じられないほど使いやすいはずだ。

 本記事では、ユーザーフレンドリーなGUIの助けを借りて、Linuxディストリビューションからリポジトリを削除する方法を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1925文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]