コラボレーション

「Microsoft Teams」に無償版--「Slack」対抗製品としての位置付けを強化

マイクロソフトは米国時間7月12日、同社の企業向けコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」の無償版をリリースした。

 Microsoftは米国時間7月12日、年次カンファレンス「Microsoft Inspire」の開催に先立ち、同社の企業向けコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」の無償版をリリースした。これまでTeamsの利用は「Office 365」の登録ユーザーに限定されていた。

 Microsoftは2018年3月、企業が社外の人間をチームメンバーとして追加するゲストアクセス機能を追加したが、このときは同社が自ら課した締め切りから9カ月遅れでのリリースとなった。

 無償版のリリースに伴い、Microsoft Teamsは、「Slack」の現実的な競合としてなんとか位置付けられるようになる。2013年8月にリリースされたSlackは、実質的に、ビジネス向けコミュニケーションおよびコラボレーションソフトウェアの新しいパラダイムを提示した。当然ながら、Microsoft製品であるTeamsは、競合する他のプラットフォームと比べてOfficeや「OneDrive」とより緊密に連携する。また、Teamsは米国で唯一、固定電話と携帯電話との通話機能をネイティブでサポートするコミュニケーションツールでもあるが、無償版ではこの機能が利用できない(Slackでは、サードパーティー製機能と連携することで、同様の通話機能が使用可能)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1095文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]