経費精算・旅費精算 勤怠管理・労務管理

kincone:スマートフォンをタイムレコーダにする勤怠管理・交通費精算サービス

勤怠管理・交通費精算サービス「kincone」は、専用アプリをインストールしたスマートフォンをタイムレコーダとして利用可能。出退勤の打刻と交通費情報を同時に読み取るが、交通費だけの読み取りも可能。

kinconeのポイント

  • NFC機能搭載のAndroid端末であればカードリーダは不要
  • 打刻漏れや打刻ミスはクラウドで修正可能
  • 全社あるいは部署ごとに勤務状況、交通費のデータを一括ダウンロード

kinconeの製品解説

 ソウルウェアの「kincone」は、勤怠管理・交通費精算サービス。専用アプリをインストールしたスマートフォンをタイムレコーダとして利用。ICカードの定期券で勤怠情報と交通費情報を読み取り、クラウドで管理できる。

編集部おすすめの関連記事

 SuicaやPASMOなどの交通系ICカードをスマートフォンやFeliCaリーダにタッチし、「キンコン」と鳴ったら読み取り完了。出勤と退勤の打刻と交通費情報を同時に読み取るが、交通費のみの読み取りも可能となっている。iOS端末とAndroid端末の両方に対応している。

 iOS端末の場合、専用アプリをインストールした端末にFeliCaカードリーダをBluetoothで接続する。Android端末の場合、NFC機能が付いていれば、FeliCaカードリーダは不要であり、「長期出張などでICカードの20件以上前のデータが消えてしまう」といった課題に対応。NFC機能がないAndroid端末でもFeliCaカードリーダで読み取れる。

 勤怠情報がクラウド上で管理できる勤怠管理機能で管理画面上での一覧表示、打刻漏れや打刻ミスなどを修正できる。CSV形式でのデータダウンロードも可能。また、ICカードによる打刻だけでなく、ウェブ画面での打刻も可能となっている。

 交通費精算機能は、改札駅の入場や退場、運賃情報などの利用した交通機関情報をクラウド上で管理。指定期間ごとの一覧表示やCSV形式でのデータダウンロードも可能。

 経理担当者向け機能として、経理担当者は全社あるいは部署ごとに勤務状況、交通費のデータを一括ダウンロードすることが可能。ファイルフォーマットのカスタマイズにも対応している。

 オプションでPaaS「kintone」との連携が可能。kinconeの情報をそのままkintoneに連携できる。交通費精算の申請から経理担当者の承認までをワンストップにできる。

kinconeのまとめ
用途と機能勤怠管理・交通費精算サービス
特徴交通系ICカードをスマートフォンやFeliCaリーダにタッチし、「キンコン」と鳴ったら読み取り完了。CSV形式でのデータダウンロードも可能。kinconeの情報をそのままkintoneに連携できる
税別料金1アカウントあたり月額200円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]