プロジェクト管理

TeamHack:タスクやドキュメントごとにチャットできるタスク管理ツール

タスク管理ツール「TeamHack」は、タスクやドキュメントごとのチャットで情報の錯綜を防止するほか、タイムトラッキングやワンクリックレビュー、作業進捗状況グラフなども搭載する。

TeamHackのポイント

  • タスクやドキュメントごとのチャットで情報の錯綜を防止
  • タイムトラッキングや作業進捗状況グラフで可視化
  • 期限を超過したタスクがある場合は炎上アイコンで通知

TeamHackの製品解説

 カタリストシステムの「TeamHack」はタスク管理ツール。今までありそうでなかったタスク管理を効率化する機能を1つのツールに搭載しているという。

編集部おすすめの関連記事

 タスクは、作業者や完了予定日、担当者、レビュー担当者、予定作業時間を入力して登録できる。タスクごとのチャットで情報の錯綜を起こさずタスクに関するやりとりを記録、確認可能。仕様書などのドキュメントごとにもチャットでやり取りを記録、確認できる。

 タスク管理の可視化策として「タイムトラッキング」では、ワンクリックで作業時間を計測し、管理者は誰がどの作業をどれくらいかけて行っているか一目で把握できる。「ワンクリックレビュー」機能は、ワンクリックで指定した人に作業の確認要請を送ることができ、確認者もワンクリックで作業を承認、差し戻しできる。

 「作業進捗状況グラフ」では、登録した作業の何割が達成できているかをグラフ化し、期限を超過したタスクがある場合は炎上アイコンで通知する。プロジェクトは複数登録可能で、タブをクリックすることで切り替えられる。担当者や作業期限でタスクを並び替えられることで担当作業や優先作業も把握できる。

 料金プランはお試しプランとビジネスとフリーランスの3つ。お試しプランはプロジェクトやドキュメントの数に制限がある。

TeamHackのまとめ
用途と機能タスク管理ツール
特徴タスクやドキュメントごとのチャットで情報の錯綜を防止。ワンクリックで作業時間を計測し、管理者は誰がどの作業をどれくらいかけているのかを把握。プロジェクトは複数登録可能で、タブをクリックすることで切り替えられる
税別料金お試しプラン:ゼロ円
ビジネス:1ユーザーあたり月額1200円
フリーランス:1ユーザーあたり月額1500円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]