人事・労務 NTTデータ経営研究所

働き方改革:「無駄な業務の洗い出し」が必要、プレミアムフライデーは不要

上司や同僚からの緊急性のない業務連絡を就業時間外に対応する割合は30%以上――。NTTデータ経営研究所の働き方改革調査で明らかになっている。

 NTTデータ経営研究所(千代田区)は7月12日、2018年の働き方に関する調査を発表した。多様な意味を含む「働き方改革」という言葉を“働き方を変えてコミュニケーションスタイルなどの組織風土や作業手順を変え、ワークライフバランスの推進とハラスメントの予防を実現すること”と定義し、2015年から毎年調査。働き方改革の取り組み状況や効果、最新のテクノロジなどに対する意識調査と併せて、今後の働き方改革の方向性の考察したという。

 2018年度の企業の働き方改革の取り組み状況は38.9%という結果で、改革に取り組む企業が年々増加している傾向が見られるという。

働き方改革に取り組んでいる企業の割合(出典:NTTデータ経営研究所)
働き方改革に取り組んでいる企業の割合(出典:NTTデータ経営研究所)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3280文字 ログインして続きを読んでください。

「人事・労務」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]