オフィスソフト

「Excel 2016」で取引記録を照合する3つの方法

取引記録を扱っていると、支払いの済んでいない分と済んだ分を追跡する方法が必要になるだろう。ここでは、「Excel」で関数、小計機能、ピボットテーブルという3つの方法を使って取り引きの収支を合わせたり照合したりするやり方を紹介する。

 取引記録を扱っていると、支払いの済んでいない分と済んだ分を追跡する方法が必要になるだろう。特定の顧客の未払い額や、全顧客の未払い額、支払いを受けた取り引きの件数などを知らなければならない場合だってあるだろう。取引記録を分析する方法はたくさんある。この記事では、関数、小計機能、ピボットテーブルという3つの方法を使って取り引きの収支を合わせたり照合したりするやり方を紹介する。

 取り引きは金銭的なものとは限らない。レンタル機器の追跡も簡単にできるだろう。だが、取り引きが発生した時はいつでも、最終的にはその交換の双方(つまり、出ていったものと入ってきたもの)を照合しなければならない。ここでは、「収支を合わせる」や「照合する」という用語をざっくりとした意味で使っている。プロが使う勘定プログラムでやるようなことをするわけではないからだ。この記事では、組み込まれたツールを使って取引記録をグループ化して分析し、簡易的だが即座に意味の読み取れる情報を提供する方法を紹介したい。

 筆者は64ビット版「Windows 10」で「Excel 2016」のデスクトップ版を使っている。ここで紹介する方法は古いバージョンのExcelでも使えるが、手順が違ってくる。関数とピボットテーブルはブラウザ版でも簡単に利用できる。ブラウザ版では小計を既存のシート内に表示することならできるが、小計機能は使えない。データは各自用意してもいいし、デモ用の.xlsxファイルをダウンロードしてもいい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3339文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]