セキュリティ ウイルス対策 マルウェア対策

ブラウザセキュリティの5大脅威--専門家が推奨する防衛策

ウェブブラウザを標的とした攻撃は絶えず進化しており、企業は常に警戒し、最新の対策を講じることが重要だ。専門家との議論から、よくある5つの脅威とその対処法を紹介する。

 どのウェブブラウザを選ぼうとも、意図的に作り出された脅威と意図せず生じた脅威の両方が存在し、使用時に危険にさらされるおそれがある。筆者は2018年4月の記事で、ブラウザセキュリティに対する5つのよくある脅威とその対処方法を紹介したが、ウェブブラウザを標的とする脅威は5つどころではない。こうした検知困難な攻撃に対して効果的な保護対策を実施することが、今なお極めて重要だ。

 筆者はマルウェア対策サービスLastlineの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のChristopher Kruegel氏と本件について意見を交わし、ブラウザセキュリティの概念について議論した。

 「現在使用されているすべてのソフトウェア中で、最も外部にさらされているのがブラウザだ」。Kruegel氏はこのように語る。「常に外の世界と接続されており、サイバー犯罪者がマルウェアに感染させたウェブサイトやアプリケーションとやりとりすることも少なくない。ブラウザはデータの宝庫と言える強力なツールであり、セキュリティを突破されれば、ユーザーに関する大量のデータが攻撃者の手に渡ってしまうおそれがある。そのようなデータには、住所や電話番号、クレジットカードデータ、電子メール、ID、パスワード、閲覧履歴、ブックマークといった秘密情報もあるだろう」(Kruegel氏)

 この点を念頭に置いて、ブラウザベースのよくある脅威とその対策について、Kruegel氏と筆者が議論した内容を以下に紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3416文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]