コミュニケーション デスクトップ仮想化 コンバージド・ハイパーコンバージド 情報漏えい対策 運用 PC シトリックス・システムズ・ジャパン ラネクシー IDC Japan アセンテック Nutanix

VDIやリモートアクセス、専用保険--進化するテレワークの今を知る

テレワークが日本企業に広まりつつある。テレワークのためのITもさまざまに進化しており、情報漏えいに備えた専用の保険商品も市場に投入された。テレワークの今を知るための記事をまとめた。

 多様化するワークスタイルを実現するだけでなく、自然災害や大規模感染(パンデミック)などでの事業継続性の観点からも有効な手段になり得るテレワーク。IDC Japanの調査によると、大企業で導入が進む反面、中堅中小企業での導入は遅れているという。同社は「遅れている主な理由を“適した仕事がない”とする総務省の調査があるが、どの業務でテレワークを活用できるかを各企業で検討すべき」とコメントしている。

 ここでは、テレワークに関する各社の取り組みをPDFにまとめた。大企業では活用が進むという市場の直近の傾向から導入事例、活用方法を広げるツールや保険の登場など、日々進化する最新動向を把握する一助となるはずだ。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]