RPA 富士通 NTTアドバンステクノロジ

大阪府と和歌山県、RPAを実証実験--年間198時間を削減する業務も

大阪府と和歌山県は富士通と共同でRPAの実証実験を実施。和歌山県では年間で計252時間の業務を削減したという。

 富士通は、大阪府や和歌山県と共同でロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツール「FUJITSU Software Interdevelop Axelute」などを活用し、RPAの業務効率化への有効性を検証した。主にシステム化していない業務領域で有効性を実証できたという。7月9日、富士通が発表した。

 大阪府は2016年から働き方改革に着手。仕事の手間に潜むムダ、制約のある働き方、若手職員の知識や経験不足などの課題解決に向けて検討しているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1063文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  2. 企業価値は「データリテラシー」で5億ドル分の底上げも--では、御社がそれを獲得する取り組みの方法は?
  3. 【LIXIL/ダスキン事例】1億円近いライセンス費削減も!「定番リモートアクセス」はここが売れている
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. 問い合わせ対応業務が激変! AI技術で高精度・高速化した最新チャットボットはどうすごいのか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]