開発 TIS

住宅金融支援機構、基幹システムをオープン系に移行--1000万ステップをリライト

住宅金融支援機構は、メインフレーム上でCOBOLアプリケーションが稼働する基幹システムをオープン系に移行。1000万ステップのCOBOLプログラムをJavaにリライトした。

 独立行政法人住宅金融支援機構(JHF、文京区)は、COBOLで書かれ、メインフレームで稼働する基幹システムをJavaを活用するオープン環境へ1月に移行した。7月6日、移行プロジェクトを担当したTISが発表した。

  JHFの基幹システム「総合オンラインシステム」は、全国約600の金融機関とネットワークで接続し、JHFの住宅ローン審査、融資、返済までの一連の業務を管理する大規模な基幹システムだという。約1000万ステップのCOBOLプログラム、約2万本のジョブ制御言語、約500テーブルのデータベース(DB)などのメインフレーム環境で構成、2000年から運用するが、繰り返しのメンテナンスでアプリケーションが肥大化、複雑化していたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約808文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]