クラウドサービス

グーグル「G Suite」の特徴や料金--中小企業が導入前に知っておくべきこと

「G Suite」はグーグルが提供するオフィススイートだ。手ごろな料金設定で、中小企業も手を出しやすく、機能も充実している。

 中小企業の内情はみな異なるが、ほぼすべての中小企業が必要とするアプリケーション群がある。

 一般的に、これらのアプリケーションはオフィス「スイート」にバンドルされており、電子メール、カレンダー、ワープロ、スプレッドシートで構成される。さらに、プレゼンテーションマネージャやデータベースマネージャ、フォームマネージャなどのツールが含まれる製品もある。そうしたオフィススイートの1つが、「Microsoft Office」(現在では主に「Office 365」として販売されている)であり、Googleの「G Suite」も同様だ。

 オフィススイート市場は長年にわたり、Microsoftのスイート製品であるMicrosoft Officeが席巻していた。モバイルとウェブが中心の世界になるまでは、ユーザーが各自のコンピュータにアプリをインストールしなければならず、そのためにCD-ROM(大昔)やDVD(昔)を挿入するか、インストーラをダウンロードして起動していた。

 MicrosoftのOfficeデスクトップアプリケーションが強力で優れていたことは確かだが、多くのユーザーにとっては機能が過剰で、圧倒されるほど複雑であり、また継続的なメインテナンスとライセンス管理が大変だった。

 Microsoft Officeは今も提供されている。むしろ、史上最大のヒット製品の1つだ。バンドルとして発売されたのは1990年だが、「Word」や「Excel」などの中核的なアプリケーションは、今から35年前の1983年に発売された。

 G Suiteの記事でOfficeを話題にしているのは、Officeがこの分野において巨大な存在であるためだ。G Suiteが自社のどのような部分に適しているかを理解するためには、Officeの全体像をある程度把握しておくとよい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約9689文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]