クラウドサービス

グーグル「G Suite」の特徴や料金--中小企業が導入前に知っておくべきこと

「G Suite」はグーグルが提供するオフィススイートだ。手ごろな料金設定で、中小企業も手を出しやすく、機能も充実している。

 中小企業の内情はみな異なるが、ほぼすべての中小企業が必要とするアプリケーション群がある。

 一般的に、これらのアプリケーションはオフィス「スイート」にバンドルされており、電子メール、カレンダー、ワープロ、スプレッドシートで構成される。さらに、プレゼンテーションマネージャやデータベースマネージャ、フォームマネージャなどのツールが含まれる製品もある。そうしたオフィススイートの1つが、「Microsoft Office」(現在では主に「Office 365」として販売されている)であり、Googleの「G Suite」も同様だ。

 オフィススイート市場は長年にわたり、Microsoftのスイート製品であるMicrosoft Officeが席巻していた。モバイルとウェブが中心の世界になるまでは、ユーザーが各自のコンピュータにアプリをインストールしなければならず、そのためにCD-ROM(大昔)やDVD(昔)を挿入するか、インストーラをダウンロードして起動していた。

 MicrosoftのOfficeデスクトップアプリケーションが強力で優れていたことは確かだが、多くのユーザーにとっては機能が過剰で、圧倒されるほど複雑であり、また継続的なメインテナンスとライセンス管理が大変だった。

 Microsoft Officeは今も提供されている。むしろ、史上最大のヒット製品の1つだ。バンドルとして発売されたのは1990年だが、「Word」や「Excel」などの中核的なアプリケーションは、今から35年前の1983年に発売された。

 G Suiteの記事でOfficeを話題にしているのは、Officeがこの分野において巨大な存在であるためだ。G Suiteが自社のどのような部分に適しているかを理解するためには、Officeの全体像をある程度把握しておくとよい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約9689文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]