BI ウイングアーク1st

Excelでの報告書作成をダッシュボードに切り替え--1時間作業を2~3分に短縮

関電不動産開発は、SaaS型のBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を活用。報告書作成にあたり1時間以上かかっていた作業が2~3分に短縮。今後はマーケティングオートメーションへの展開も視野に入れる。

 関西圏を中心に不動産デベロッパーなどを展開する関電不動産開発(大阪市北区)は、SaaS型のビジネスインテリジェンス(BI)ダッシュボード「MotionBoard Cloud」を活用している。報告書作成にあたり1時間以上かかっていたデータ集計作業を2~3分へと短縮し、より重要な意思決定、課題解決などに時間を割くことが可能になったという。7月5日、MotionBoard Cloudを提供するウイングアーク1st(港区)が発表した。

 従業員数570人弱の関電不動産開発は物件や顧客情報、営業進捗状況などをSaaS「Salesforce」で一元管理しており、毎週月曜に実施する営業会議用の報告書はSalesforce上のデータをExcelへ入力、マクロを用いて集計し定型フォーマットへ出力、という工程で作成していたという。数百~千戸以上といった大規模マンションになると一連の処理時間は1時間超。担当する複数の物件について同様に作業する必要があり、全国で約15カ所展開する販売拠点責任者の大きな負担となっていたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約951文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  4. 自社の「働き方改革」の取り組みに不満がある社員は47.1%!最新調査結果に見る日本企業が抱える課題
  5. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]