オフィスソフト

「Office 2019 for Mac」コマーシャルプレビュー版--IT部門向けにも機能強化

「Office for Mac 2019」のコマーシャルプレビュー版が2018年6月にリリースされた。同プレビュー版には多くの機能強化が盛り込まれる予定だ。

 「Mac」を使用している企業が「Microsoft Office」ソフトウェアのライセンスを契約する場合は、2つのオプションがある。1つは「Office 365」サブスクリプションを購入する方法だ。サブスクリプション購入は増加傾向にあり、具体的にはホスティングされた「Exchange」サービスなどが含まれる。OEMライセンスという選択肢もあるが、こちらは人気が陰りつつある。そして、もう1つのオプションは、オンプレミス(ボリューム)ライセンスを購入する方法だ。

 Microsoftが今回ターゲットにしているのは、2018年6月にリリースされた「Office for Mac 2019」コマーシャルプレビュー版を利用する後者のグループだ。Microsoftは、Office for Mac 2019の正式リリースを、「Office for Windows」と併せて2018年後半に開始する計画だ。

 Office 2019 for Macには、「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」そして「OneNote」が含まれ、個人ユーザーおよびIT部門向けに多くの機能強化が盛り込まれる予定だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1612文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]