データベース

4時間かかっていた製品原価計算を20分に短縮したAsakusa Frameworkの強み

ノーチラス・テクノロジーズが開発するバッチ処理フレームワーク「Asakusa Framework」は、HadoopやSparkの性能に悩むユーザー企業にとって考慮すべき選択肢となっている。

 6月14日から2日間開催されたイベント「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」にノーチラス・テクノロジーズ代表取締役社長の目黒雄一氏が登壇。「ビジネスを推進する業務データ分析」と題したセッションで同社が関連サービスを提供するオープンソースソフトウェア(OSS)のバッチ処理フレームワーク「Asakusa Framework」のメリットを解説した。

 データ分析の基盤として、やはりOSSの分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」やデータ処理フレームワーク「Apache Spark」を利用する企業は多い。だが、パフォーマンスの問題から加速するビジネスプロセスへの対応が難しく、見直しを望む企業は少なくない。同様の課題を抱える企業に注目されるのがAsakusa Frameworkだ。

 目黒氏は「大容量のデータを多数のサーバに分散し、並列処理することで高速なデータ処理を実現するAsakusa Frameworkは、HadoopやSpark上で大規模な基幹バッチ処理を行うためのフレームワークだ」と説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2546文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]