決済システム リクルートライフスタイル

Airペイ:1台の端末でクレカや電子マネーが決済可能--Apple Payも対応

決済サービス「Airペイ」は、クレジットカードや電子マネーなどをiPadまたはiPhoneとカードリーダ1台で決済できる。決済手数料3.24%から、月額固定費、振込手数料はゼロ円で導入できる。

Airペイのポイント

  • 決済手数料は3.24%から、振込手数料ゼロ円
  • 月間の入金回数は利用口座によって異なる
  • POSアプリ「Airレジ」と連携してレジ業務をスマートに

Airペイの製品解説

 リクルートライフスタイルの「Airペイ」は、iPadまたはiPhoneと専用のカードリーダ1台で、主要クレジットカード決済、交通系電子マネーを決済できるサービス。iDやQUICPay+にも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 月額固定費はゼロ円。決済手数料はVisaやMasterCard、American Expressが3.24%、JCBやDiners Club、Discoverが3.74%。SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーは3.24%、iDとQUICPay+は3.74%となっている。

 振込手数料はゼロ円。月間の入金回数は利用口座によって異なる。みずほ銀行や三菱UFJ銀行、三井住友銀行の振込口座だと月間6回、その他の金融機関は月間3回となっている。

 読取方法を見ながら直感的で簡単な操作ができるので決済業務をスムーズにできる。販売時点情報管理(POS)アプリのAirレジと連携することで、レジ業務をスマートにできると説明。申込審査完了後、すぐには利用できる。


Airペイ紹介動画(出典:リクルートライフスタイル)
Airペイのまとめ
用途と機能クレジットカード、電子マネー、Apple Payに対応する決済サービス
特徴月間の入金回数は利用口座によって異なる。みずほ銀行や三菱UFJ銀行、三井住友銀行の振込口座だと月間6回、その他の金融機関は月間3回となっている。Airレジと連携

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]