AI・機械学習 TIS

大同生命、保険金の支払い内容確認業務にAI活用--正解率は90%

大同生命保険は、給付金支払査定業務にAIの導入を決定した。過去2年分の支払履歴データを教師データとして学んだAIの判定結果の正解率は90%という。

 T&D保険グループの大同生命保険(大阪市)は、給付金支払査定業務に人工知能(AI)の導入を決定した。2017年10月からの約5カ月間、TISインテックグループのTIS(新宿区)と実施した実証実験を評価したという。7月2日、TISが発表した。

 高齢化の進展に伴い入院や手術を保障する医療保険のニーズが高まっているという保険業界では、保険会社への入院、手術給付金の請求が増加。顧客へ迅速に支払うべく請求内容の確認業務に効率化が求められており、AI活用による解決を期待する現状があるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約515文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]