決済システム コイニー

Coiney:WeChat Payにも対応するクレジットカード決済サービス

決済サービス「Coiney」は、主要クレジットカードはもちろん、中国人観光客の利用が多いWeChat Payなどにも対応する。スマホやタブレットがあればすぐに利用でき、決済専用ページも制作できる。

Coineyのポイント

  • モバイル端末にカードリーダを接続、データはクラウドに保存
  • 初期設定は手動入金だが、月1回の自動入金が選択できる
  • 決済専用のウェブページを制作可能

Coineyの製品解説

 「Coiney」はクレジットカード決済サービス。中国人観光客にニーズが高いWeChat Payにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 スマートフォンやタブレットに「Coineyターミナル」を接続するだけでサービスが開始できる。決済手数料はVisaやMasterCard、American Express、セゾンカードが3.24%、JCBやDiners Club、Discoverが3.74%。VisaとMasterCardは2回払いとリボ払いにも対応する。

 決済情報はクラウドに同期され、ウェブブラウザから管理でき、デジタルレシートの利用なども可能。取引情報やサインなどはデータで保存される。取引の控えは管理画面からメールで送信できる。Bluetooth対応プリンタでレシートを印刷できる。スタッフアカウントを作成して複数のスタッフで決済できる

 販売時点情報管理(POS)システムや会計ソフトとも連携できる。Coineyターミナルは、クレジットカードのセキュリティ基準である「PCI DSS」に準拠、通信時の情報は標準の暗号化方式である「トリプルDES」と暗号鍵管理方式「DUKPT」を使用している。Coineyターミナルにもスマートフォンにもデータは保存されない。

 売り上げの入金は手動入金が初期設定されているが、月1回の自動入金が選択できる。手動入金は、直近の五十日(5、10、15、20、25、末日)が締め日となり、締め日の10日後から振込依頼の操作が可能になる。自動入金は、当月末までの売り上げが翌月10日に金額が確定してから20日に登録口座に入金される。

 ユーザー企業のウェブサイトに決済専用のウェブページ「Coineyペイジ」を追加できる。メールでURLを送信することで顧客は決済できる。レシートはURLが送信されたメールアドレスに送信される。Coineyペイジは英語や中国語(繁体字や簡体字)、韓国語、タイ語に対応する。

 WeChat Payには「Coineyスキャン」で対応する。決済手数料は3.24%。導入費は無料。顧客はWeChatアプリで支払い用のQRコードを表示。CoineyアプリでQRコードをスキャンして決済が完了すると顧客のWeChatアプリに自動でレシートが送信される。

Coineyのまとめ
用途と機能クレジットカード決済サービス
特徴モバイル端末に「Coineyターミナル」を接続して利用。POSシステムや会計ソフトとデータを連携。手動入金が初期設定されているが、月1回の自動入金が選択可能。ユーザー企業のウェブサイトに決済専用のウェブページ「Coineyペイジ」を追加可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]