BI ガートナージャパン

従来型で成功は1割、注目集まる“モダンBI”--近代化で注目すべき4つの手法

企業が抱えるデータからビジネスに貢献できる情報を見つけ出すものとしてビジネスインテリジェンス(BI)は古くから活用されているが、期待以上の成果を上げているのは1割前後。そこで注目されているのが“モダンBI”だ。

 ガートナー ジャパンの調査によると、ビジネスインテリジェンス(BI)の導入で期待以上の成果があったと回答する企業は2007年11月で8%、2010年11月で5%、2013年11月と2016年11月は9%と「真の成功は1割程度。大半以上は課題を抱えている」――。

 企業が抱えるデータからビジネスに貢献できる情報を見つけ出すものとしてBIは古くから活用されているが、より現在の時流にあった“モダンBI”に期待が集まっている。

 6月14日から2日間開催されたイベント「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」に同社マネージングバイスプレジデント である堀内秀明氏が登壇。「BI近代化実現のポイント」と題されたセッションでモダンBIについて語った。

 今、BI環境の見直しを検討している企業は少なくない。グローバルの調査によれば、2014年のBI市場は159億ドルだが、2016年には187億ドル、2021年の予測規模は282億ドルに成長する。その内訳を見ると2014年時点の従来型BIは46.7%、モダンBIは9.2%だが、2016年には従来型BIが37.8%、モダンBIが16.3%。2021年には構図が入れ替わり、従来型BIは21.6%、モダンBIは29.6%まで成長する。この調査からも変化の兆しを読み取れるだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1515文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]