決済システム 楽天

楽天ペイ(実店舗決済):クレカや電子マネー、QRコード対応の決済サービス

決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」は、クレジットカードや電子マネーに対応。QRコード決済にも対応する。さまざまな決済方法で、顧客満足度と集客率を向上させられる。

楽天ペイ(実店舗決済)のポイント

  • 主要なクレジットカードや電子マネーに対応
  • ブランドごとに異なるが、決済手数料は3.32%と3.74%
  • 来店した顧客自身がQRコードを読み取って支払うアプリ決済も可能

楽天ペイ(実店舗決済)の製品解説

 楽天の「楽天ペイ(実店舗決済)」は実店舗向け決済サービス。実質ゼロ円で導入でき、最短で翌日入金されるなど、スピーディーな運用が可能だ。クレジットカードや電子マネーでの決済不可による機会損失やリピート率の低減などを回避し、多彩な決済方法で店舗経営を支援する。

編集部おすすめの関連記事

 クレジットカード決済は、主要な6ブランドに対応する。決済手数料はVisaやMasterCard、American Expressが3.24%、JCBやDiners Club、Discoverが3.74%。対応するカードリーダが必要。VisaとMasterCardは楽天や楽天カードが審査、JCBとAmerican Express、Diners Club、Discoverはジェーシービーが審査する。

 電子マネー決済は、楽天EdyやSuica、PASMOなどの交通系9ブランド、nanacoやQUICPay+、iDに対応する。加えてApple PayとGoogle Payにも対応する。決済手数料は楽天EdyやGoogle Pay、交通系ブランドなどが3.24%、QUICPay+やiDなどが3.74%となっている。

 QRコード決済としてアプリ決済が使える。来店した顧客自身がQRコードを読み取って支払う。専用のカードリーダは不要。印刷されたQRコードを提示するタイプと店舗のスマートフォンやタブレットにQRコードを表示するタイプがある。決済手数料は3.24%。

楽天ペイ(実店舗決済)のまとめ
用途と機能実店舗向け決済サービス
特徴主要なクレジットカードや電子マネーに対応。決済手数料はブランドごとに異なるが、3.32%と3.74%。アプリ決済では来店した顧客自身がQRコードを読み取って支払う

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]