VR・AR

AR/VR開発で人気のプログラミング言語トップ7

エンタープライズ分野で拡張現実(AR)技術の採用が進む中、開発者に対する需要も高まっている。この分野でキャリアを切り開くにはどのようなスキルが必要なのだろうか。

 拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の技術が発展する中、ビジネスでの事例が徐々に、そして確実に増えてきている。同時に、企業向けアプリケーションが構築できるようなスキルを持つ開発者への需要も高まっている。

 Gartnerの主席リサーチアナリストであるTuong Nguyen氏が米TechRepublicに語ったところによると、VRは、ゲームが要因となってコンシューマー分野で最も大きな影響を与えたようだが、ARの採用に関しては、コンシューマーよりもエンタープライズ分野の方が成熟度ではるかに進んでいるという。

 ビジネスにおけるARの事例として現在最も多いのは、タスクの明細化(倉庫内でやるべきことのリストを見せるツールなど)や、デザインおよびコラボレーション(建築物の構造や内装に配慮して家具の配置を決めることなど)、そしてビデオガイダンス(仕事を仕上げたりスキルを学習したりする上で、誰かと話しつつスクリーン上で何をすべきか概要を見せることなど)の3点だとNguyen氏は述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約889文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  3. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  4. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  5. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]