OCR 文書管理 帳票管理 ウイングアーク1st

ウイングアーク1st、文書管理パッケージ最新版--3種類のOCRエンジン使い分け

ウイングアーク1stは文書管理パッケージ「SPA」の最新版を発表した。OCR機能と文書管理機能を併せ持ち、3種類のOCRエンジンの使い分けができる。SaaSでも提供する。

 ウイングアーク1st(渋谷区)は6月29日、文書管理パッケージ「SPA Ver.10.0」を発表した。紙の書類を読み取りデータ化する光学文字認識(OCR)機能と、文書データの自動での取り込み、仕分けなどの文書管理機能を持つという。パッケージ版を6月29日から販売するとともに、SaaS「SPA Cloud」を7月31日から提供する。

 紙の書類には印刷コストや保管コストのほか、資料を探す手間などの課題があるが、データ化によって文書の素早い検索が可能になるという。人が作業していた業務を自動化することで作業工数を削減し、より高付加価値な業務に時間を当てることができるとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約687文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]