モバイル

グーグル「Files Go」がアップデート--ファイル転送が高速化

グーグルは米国時間6月25日、同社のストレージ管理および共有アプリ「Files Go」のアップデートを発表した。

 Googleは米国時間6月25日、同社のストレージ管理および共有アプリ「Files Go」のアップデートを発表した。ブログ投稿によると、このアップデートにより、プロフェッショナルは、画像や映像、文書、アプリなどのオフライン時の共有がより高速で簡単に実行できるという。

 2017年に最初にリリースされたFiles Goは、データレスのファイル転送をサポートすることで、モバイルデータ使用量の削減を目的とするアプリだ。ユーザーは、Bluetooth経由でファイルの共有、管理、削除が実行できる。めったに使わないアプリや、ユーザーの端末上に同一の写真が複数存在する場合は、それらを削除してストレージ容量を確保できると提案することも可能だ。

 同ブログ投稿によると、今回のアップデートにより、Files Goはより見つけやすく、また使いやすくなるという。「Share」と呼ばれる新しいタブには、「シンプルで使い心地のよいインターフェース」を採用し、「Android 5.0」対応機種から最新の「Google Pixel」にいたるあらゆるAndroid搭載スマートフォンで動作する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約559文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]