IoT 日本マイクロソフト

Xboxの経験をセキュリティに応用--4年間で50億ドル投資するMSのIoT戦略

IoTのエッジデバイスのセキュリティを確保するための「Azure Sphere」を構成するマイクロコントローラ向けOSがLinuxカーネルを採用したことは業界から大きく注目された。

 6月14~15日に開催されたイベント「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」に日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者(CTO)の榊原彰氏(マイクロソフト ディベロップメント 代表取締役社長を兼務)が登壇。「豊かな未来を築くマイクロソフトの最新テクノロジ紹介」と題したセッションで語った。

 Microsoftが「インテリジェントクラウド・インテリジェントエッジ」を提唱したのは2017年5月に開催した開発者向けカンファレンス「Build 2017」だった。同社最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏が述べたとおり、エッジデバイスにおけるインテリジェンス化は進み、就任直後に掲げた「クラウドファースト・モバイルファースト」といった未来図も実現している。

 日本マイクロソフトは2018年度の注力領域として「機械学習」「IoT」「AI(人工知能)」の3つを並べている。米本社は4月にはIoT分野に今後4年間で50億ドルを投資することを発表した。これによりインテリジェントエッジが加速するのは明白だが、榊原氏は「世界はコンピュータそのもの。それがわれわれの世界観だ」と取り組みの意義を語る。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1291文字 ログインして続きを読んでください。

「IoT」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]