IoT 日本マイクロソフト

Xboxの経験をセキュリティに応用--4年間で50億ドル投資するMSのIoT戦略

IoTのエッジデバイスのセキュリティを確保するための「Azure Sphere」を構成するマイクロコントローラ向けOSがLinuxカーネルを採用したことは業界から大きく注目された。

 6月14~15日に開催されたイベント「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」に日本マイクロソフト 執行役員 最高技術責任者(CTO)の榊原彰氏(マイクロソフト ディベロップメント 代表取締役社長を兼務)が登壇。「豊かな未来を築くマイクロソフトの最新テクノロジ紹介」と題したセッションで語った。

 Microsoftが「インテリジェントクラウド・インテリジェントエッジ」を提唱したのは2017年5月に開催した開発者向けカンファレンス「Build 2017」だった。同社最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏が述べたとおり、エッジデバイスにおけるインテリジェンス化は進み、就任直後に掲げた「クラウドファースト・モバイルファースト」といった未来図も実現している。

 日本マイクロソフトは2018年度の注力領域として「機械学習」「IoT」「AI(人工知能)」の3つを並べている。米本社は4月にはIoT分野に今後4年間で50億ドルを投資することを発表した。これによりインテリジェントエッジが加速するのは明白だが、榊原氏は「世界はコンピュータそのもの。それがわれわれの世界観だ」と取り組みの意義を語る。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1291文字 ログインして続きを読んでください。

「IoT」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]