オフィスソフト

「Excel」のデータテーブル--入力値の異なる計算結果を比較

「Excel」のデータテーブルは、簡単なWhat-If分析だ。入力する値を変えると結果がどう変わるか、予測を一目で確かめることができる。ここでは、データテーブルの使い方を解説する。

 データテーブルとは、1つの数式における変数の値の変化を評価するセル範囲のことだ。言い方を変えると、簡単なWhat-If分析だ。入力する値を変えると結果がどう変わるか、予測を一目で確かめることができる(データテーブルは、「挿入」タブにある「新規テーブル」と同じではない)。

 使い方を説明するために、下のような簡単なローン返済の計算でデータテーブルを使ってみよう。このままでも、入力する値を変えれば計算結果が変わる(通常、入力用セルと結果用セルは分けたほうがいい)。この計算表を作るのに時間を費やすことはない。デモ用のワークブックをダウンロードしてもいいし、表Aを参照して数式を入力してもいい。IFERROR()関数は使わなくてもかまわないが、ワークブックを他人に配布する予定があるなら使ったほうがいい。この関数は「Excel 2007」で新たに採り入れられたものだ。「Excel 2003」ユーザーはISERROR()関数を使ってエラーを防ごう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1458文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]