セキュリティ

モジラの「Firefox Monitor」--HIBPのデータセット活用で流出したメールアドレスを通知

モジラが新サービス「Firefox Monitor」を通じて、「Firefox」ユーザーがデータ侵害の被害に遭ったかどうかの有無をチェックできる機能を追加した。同サービスは「Have I Been Pwned?」(HIBP)のデータセットを使用している。

 Mozillaが新サービス「Firefox Monitor」を通じて、「Firefox」ユーザーがデータ侵害の被害に遭ったかどうかの有無をチェックできる機能を追加した。このサービスは、人気のウェブサイト「Have I Been Pwned?」(HIBP)のデータセットを使用している。HIBPは、インターネットの闇社会に流出したデータベースダンプを収集、解析する。HIBPおよびMozillaのFirefox Monitorサービスのユーザーは、このデータセットから今後、自分の電子メールアドレスが見つかった場合、電子メールでアラートを通知してもらえるように登録することが可能だ。

 Have I Been Pwnedは、オーストラリアのセキュリティ研究者Troy Hunt氏によって2013年12月に創設され、これまでに同電子メール通知サービスに加入した登録者の数は200万人に上る。Hunt氏はブログ投稿で、今回は「大海の一滴といった程度に過ぎず」、したがって、「かろうじて問題の表面に触れた」ところだと述べた。効果的なパスワードとセキュリティ上の安全性に対する認識をよりいっそう拡げるために、HIBPは、同ウェブサイトから得られた情報を他のサービスに組み込めるよう、自由にアクセスできるAPIを提供する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1578文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]