SNS コミュニケーション ヌーラボ

ビジネスチャットを「Typetalk」に一本化--ボット連動でゴミ出し担当をIoT化

Shiftallは、6年間継続して利用したチャットツールを「Typetalk」に切り替え、一本化した。IoTの仕組みを活用してゴミ出しの担当者をチャットボットと連動させてランダムに決めている。

 IoTの仕組みを活用したハードウェアを開発、製造、販売するShiftall(中央区)は、全社員が活用するコミュニケーションツールをビジネスチャットツール「Typetalk」に一本化した。他のチャットツールを比較検討した上で、6年間継続利用していたチャットツールから切り替えたという。Typetalkを開発、提供するヌーラボ(福岡市中央区)が発表した。

  Cerevoを立ち上げた岩佐琢磨氏が代表取締役で最高経営責任者(CEO)を務めているShiftallは、必須要件を満たした最低限の製品を市場に投入し、市場からの反応を製品に反映、完成品へと近づけていく“アジャイル生産”を売りにしている。現在の従業員数は27人。スピードを重視しているがメンバー一人ひとりの職能は異なるため、お互いの作業を密に連携させ、効率的なコミュニケーションを実現する必要があるという。全社的に仕事に関する情報共有はログが残るチャットツールを活用し、日常的にツールに触れる環境である反面、従来使用していたチャットツールは細かな使い勝手に物足りなさを感じていたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約819文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]