コミュニケーション L is B

direct:さまざまな機能のスタンプを活用するビジネスチャット--社外とも連携

ビジネスチャットツール「direct」は、テキストでのやり取りに加えてファイルも共有可能。スタンプでToDO確認や現在地の位置情報などを活用。オプションで社外の協力企業や顧客ともチャットできる。

directのポイント

  • スタンプをToDo確認や位置情報確認などに活用
  • シングルサインオンやパスワードポリシーなどをグループごとに管理
  • オプションで社外ともチャット、画像や動画を一覧表示

directの製品解説

 L is Bの「direct」は法人向けチャットツール。スマートフォンでの利用に最適化。社内ではPC、外出先ではスマートフォンと、シーンを選ばずにいつでもコミュニケーションが取れる。

編集部おすすめの関連記事

 グループや部署などのメンバー間のテキストでのやり取りに加えてファイルも添付できる。ExcelやWord、PDFに加えてPhotoshopやIllustratorなどのファイルも添付できる。

 写真や動画も最大10ファイルまで共有可能。話した内容を録音して送信できるボイスメッセージも利用できる。

 スタンプは、イエスとノーで回答できる質問を送信してボタンで回答する機能も利用可能。セレクトスタンプでは、質問と回答の選択肢を自由に作成して送信、ボタンをタップするだけで回答を送信できる。

 タスクスタンプでは、ToDoの確認などタスクを送信、ボタンをタップすることでタスクを達成したことを周知可能。現在地の位置情報をスタンプにして送信可能。

 未読や既読の情報も表示される。読んでないメンバーが一目でわかることで未読メンバーをフォローできる。

 アカウント機能も充実しており、シングルサインオン設定やパスワードポリシー適用などグループごとに管理できる。2018年版からはQRコードログインや途中参加メンバーの過去メッセージの表示などの機能も追加されている。

 オプションで「direct GuestMode」を利用できる。社外の協力企業などを招待してチャットに参加させられる。顧客と1対1の関係でチャットすることで顧客との距離を縮めることもできる。

 「direct PhotoView」「direct MultiView」「direct Smart Working Solution」もオプションとして利用できる。PhotoViewは、directで共有した写真や動画を一元管理できる。トークルームを選ぶことで過去にやり取りした写真や動画を一覧表示して、状況と流れを把握できる。

 ウェブ版とデスクトップアプリ専用であり無料で利用できるMultiViewは、directのトークを最大3つまで同時に一覧表示する機能。キーワード監視機能が有償で利用できる。見逃したくないキーワードを登録して、新着メッセージや一斉連絡にキーワードが含まれていた時に赤いバーとハイライトで知らせられる。

 チャットボット開発ツール「daab SDK」を活用してdirectとつなげるツール「daab」でdirectをベースにしたチャットボットを業務に組むこともできる。

directのまとめ
用途と機能ビジネスチャットツール
特徴さまざまな種類のスタンプで業務に活用。シングルサインオン設定やパスワードポリシー適用などグループごとに管理。オプションで社外の協力企業や顧客ともチャット可能
導入企業マルソウ、アズワン、専修大学(ネットワーク情報学部)など
税別価格ベーシック=10人、ファイル保存5Gバイト:月額6000円から
directの料金プラン
トライアルベーシックプランプラミアムマックス
ユーザー上限10102050100
ファイル保存(GB)55102550
データ保存期間30日無制限無制限無制限無制限
管理ツール
一斉連絡
メールサポート
月額料金30日間無料6000円1万2000円2万7500円5万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  3. アプリ管理、デバイス管理、セキュリティ対策……忙しすぎる情シス向け「これだけはやっとけ」リスト
  4. サービスビジネスへのシフトを失敗させないために押さえるべき「3つの課題」の解決策とは
  5. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]