DWH BI グーグル・クラウド・ジャパン

東京リージョンでもBigQuery--GCPに見るデータ分析基盤セキュリティのあり方

今やデータウェアハウスやデータレイクはクラウドに実装することは当たり前の選択肢となっている。ここで気になるのがセキュリティだ。Google Cloud Platformでの対策を見てみる。

 6月14日から2日間開催されたイベント「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」にグーグル・クラウド・ジャパンのGoogle Cloudカスタマーエンジニア 寳野雄太氏が登壇。「クラウドで実現する、本質的なセキュリティを備えたデータ活用基盤」と題されたセッションで語った。

 2008年4月にGoogle App Engineから始まったGoogle Cloud Platform(GCP)は、先行するAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureの後塵を拝するも、着々とシェアを広げている。グーグル・クラウド・ジャパンによれば、過去3年間でクラウドインフラ関連の投資額は3兆円以上に及び、10億人以上のユーザーに各種サービスを提供してきた。そのインフラ環境を企業に提供するのがGCPだという。

 同社は「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」という企業ビジョンを掲げているが、寳野氏は「コンシューマーに限らずエンタープライズにも同じメッセージを発信してきた」と説明。「クラウド上での企業データ活用をセキュアに実現」する上でGCPの利便性をアピールした。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2278文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]