開発ツール 開発支援

ローコードとノーコードのプラットフォーム--違いと活用する利点

ローコードプラットフォームとノーコードプラットフォームの違い、そして、それらのプラットフォームがデジタル変革プロジェクトに取り組む企業をどのように支援できるかについて、Quick Baseの幹部が米TechRepublicに語った。

 先頃ケンブリッジで開催された「MIT Sloan CIO Symposium」で、Quick BaseのJay Jamison氏はローコードプラットフォームとノーコードプラットフォームの違い、そして、それらのプラットフォームがデジタル変革プロジェクトに取り組む企業をどのように支援できるかについて、米TechRepublicのAlison DeNisco Rayome記者に語ってくれた。

 インタビューの内容は、リンク先の動画(英語)でも視聴可能だ。

 Jamison氏:突き詰めて考えると、ローコードプラットフォームとノーコードプラットフォームの主な違いは、とっつきやすさと使いやすさ、そして、ユーザーに求められる技術的知識の水準です。「Quick Base」のようなノーコードプラットフォームの場合だと、当社の顧客の大半はプログラミングのスキルを全く備えていません。彼らは基本的にバックログの削減やワークフローの合理化、自分の作業の迅速な処理にQuick Baseを利用することができます。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1058文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]