運用

リモートアクセスツール「TeamViewer」、日本市場で本格展開--東京に事務所開設

リモートアクセスツールなどを手がける「TeamViewer」が日本での本格展開を開始する。6月末には東京にオフィスを開設、日本市場へのサポートを強化し、日本をはじめとしたアジアでのシェア拡大を目指す。

 リモートアクセスツール「TeamViewer」を開発、提供するTeamViewerは、日本での本格展開を始める。6年前にオーストラリアを拠点に日本向けのサポートを開始していたが、5月24日には自社ウェブ上にユーザー同士がノウハウなどを教え合う「Community」の日本語ページを開設。6月末には東京にオフィスを開設するという。日本市場へのサポートを強化し、日本をはじめとしたアジアでのシェア拡大を目指す。5月30日に開いた会見で明らかにした。

キャプション
「大志を抱きすぎず、スモールスタートでやっていきたい」と語るOliver Steil CEO

 日本国内でもインターネットプロバイダーのニフティが問い合わせ業務で活用するなど、多くの事例を持つという。2018年第1四半期(1~3月期)ではインストール数が急成長し、累計1300万台に到達。使用頻度、接続数などの多くの面でも今までにない高成長率を記録したという。市場としても働き方改革、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)、人工知能(AI)といった最新のトレンドが成熟、商業化し、製品をさらにイノベーションさせる可能性を感じていると説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1592文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を
  3. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  4. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  5. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]