AI・機械学習 パナソニック ソリューションテクノロジー

WisTalk:ニューラルネットモデルをベースにした対話型FAQサービス

対話型FAQサービス「WisTalk」は、独自開発のAIエンジンを活用。さまざまな言い回しを自動追加する。特性を熟知した技術者による的確なチューニングも可能。

WisTalkのポイント

  • 質問文から意図を推測して、あらかじめ登録されている回答を表示
  • 学習した対話パターンに従って対話を制御して、最適な回答を導く
  • 管理者以外も言い回しを登録可能

WisTalkの製品解説

 パナソニック ソリューションテクノロジーの「WisTalk」は、人工知能(AI)が質問内容を理解し、適切な内容で自動回答するサービス。入力した質問の意図(トピック)を人間の脳に相当するニューラルネットモデルで推定して一番近い回答を導き出す技術である“トピック推定技術”を活用。同技術は国際的なコンテストで1位を獲得した。

編集部おすすめの関連記事

 「一問一答型」と「目的型」を選択できる。

 一問一答型は入力された質問文からAIが意図を推測して、あらかじめ登録されている回答を表示する。目的型は学習した対話パターンに従って対話を制御して、最適な回答を導き出す。複数回やり取りが必要なQ&Aに最適としている。

 独自に開発した学習・文章解析・対話機能で登録したデータの中から最適な回答を見つける。企業が蓄積してきたFAQデータの一括登録や一括ダウンロードが可能。1件ごとの追加や編集、削除もできる。

 エンドユーザーが入力した文章とAIが自動応答した内容を管理者画面から確認できる。エンドユーザーが最適な回答を見つけられなかった場合に問い合わせページから管理者に問い合わせ可能。管理者は管理画面から回答でき、必要な場合は続けたFAQデータを追加できる。

 「オートコーパス生成機能」でさまざまな言い回し(同義文)を自動追加するなどの機能のほか、特性を熟知した技術者による的確なチューニングも可能となっている。管理者だけでなく、エンドユーザーも言い回しを登録できる。より多くのFAQデータを獲得することで学習のスピードを速められる。

WisTalkのまとめ
用途と機能対話型FAQサービス
特徴国際コンテストで1位を獲得した技術を活用。「一問一答型」と「目的型」を選択可能。さまざまな言い回しを自動で追加、特性を熟知した技術者による的確なチューニングも可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]