開発ツール

GitHub入門--MSによる買収後も成長を続けるソースコードホスティングサービス

GitHubは世界最大のソースコードホスティングサービスだ。バージョン管理機能を備え、他の開発者との連携が可能なコラボレーションプラットフォームとしても機能する。マイクロソフトによる買収後、ユーザー数は約2倍に増加した(2018年6月25日公開、2020年11月30日更新)。

 GitHubは、進行中のプロジェクトを格納するリポジトリーとして開発者に広く利用されている。だが、開発者向けのストレージプラットフォームというのは1つの側面にすぎず、他にもさまざまな機能がある。

 GitHubではプロジェクトの共同作業が可能で、他のプログラマーを招待して、どこからでもプロジェクトに協力してもらえる。コマンドラインツールの「Git」とシームレスに連携し、プロジェクトのチェックインとチェックアウトを簡単に実行することができる。GitHubはGitと同じ分散バージョン管理機能とソースコード管理機能を備え、さらにプロジェクトのバグ追跡、機能リクエスト、タスク管理、アクセス制御などの機能も利用できる。

 この入門記事では、GitHubに関して知っておくべきことをわかりやすく解説する。

概要

  • どんなものなのか:Gitとシームレスに連携するウェブベースのバージョン管理コードリポジトリーだ。世界中の開発者が、開発プロジェクトで簡単に共同作業ができる。
  • なぜ重要なのか: GitHubが発表した2020年1月時点のデータでは、ユーザー数は4000万人以上、リポジトリー数は1億件以上とされている。それらのリポジトリーのうち、少なくとも2800万件はパブリックリポジトリーだ。GitHubは世界最大のソースコードホスティングサービスである。
  • 誰が影響を受けるのか:オープンソースからプロプライエタリまで、また個人から大企業のチームまで、あらゆる開発者が影響を受ける。
  • いつから利用できるのか:最初の開発は2007年11月に開始された。GitHubの創設は米国時間2008年2月8日で、正式リリースは2008年4月10日だ。
  • どうすれば利用できるのか:アカウントを取得して、必要なツールをインストールし、リポジトリーとブランチを作成すれば、コードの編集や共同作業を始められる。

どんなものなのか

 GitHubを理解するには、まずGitについて知る必要がある。Gitは、Linuxの生みの親であるLinus Torvalds氏がLinuxカーネル用のバージョン管理システムとして開発したコマンドラインツールだ。元々は「BitKeeper」に代わるツールとして2005年に開発された。Linuxカーネルコミュニティーは巨大であり、信頼できるバージョン管理システムがなければ、カーネルのコミットを管理するのは非常に難しい。そこで必要とされたのがGitだ。Gitは開発当初からLinuxカーネルコミュニティーに大きく貢献してきた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3460文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]