クラウドストレージ

SecureStorage:ユーザー数無制限のクラウドストレージ--経路はSSLで暗号化

クラウドストレージ「SecureStorage」はユーザー数無制限で利用可能。アップロードとダウンロードの通信経路は256ビットSSLで暗号化。証明書の発行や編集、削除も同一管理画面で操作できる。

SecureStorageのポイント

  • アップロードやダウンロードの経路は256ビットのSSLで暗号化
  • LDAPで認証、ストレージへのアクセスはクライアント証明書で認証
  • どのエンドユーザーがいつ、どのファイルを操作したのかログが記録

SecureStorageの製品解説

 クロノスの「SecureStorage」はクラウドストレージサービス。通信の暗号化、クライアント証明書、IPアドレスによるアクセス元認証、不正侵入防止システム(IPS)やマルウェア対策など内部と外部の脅威を排除している。ユーザー数は無制限。

編集部おすすめの関連記事

 データのアップロード、ダウンロードの際の通信経路は256ビットのSSL暗号化で通信して盗聴を防ぐ。LDAPで認証する。ストレージへのアクセスはクライアント証明書で認証、クライアント証明書がインストールされた端末からのアクセスだけを許可する。

 直感的な管理インターフェースでエンドユーザーやフォルダ、グループの管理が可能。証明書の発行や編集、削除も同一管理画面で操作できる。どのエンドユーザーがいつ、どのファイルを操作したのかログが記録される。

 オプションとして、接続元をIPアドレスで制御、登録されたIPアドレスからアクセスを許可できる。ユーザー企業が指定したドメインでストレージを構築できる。https通信用のSSL証明書も専用のものになる。

SecureStorageの税別価格
エントリスタンダードエンタープライズ
容量500Gバイト1Tバイト2Tバイト
初期費用5万円5万円5万円
月額費用3万9800円5万8800円9万800円
SecureStorageのまとめ
用途と機能ユーザー数無制限で利用できるクラウドストレージ
特徴アップロード、ダウンロードの際の通信経路は256ビットのSSL暗号化。クライアント証明書がインストールされた端末からのアクセスだけを許可。IPSやマルウェア対策など内部と外部の脅威を排除

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]