クラウドストレージ

SecureStorage:ユーザー数無制限のクラウドストレージ--経路はSSLで暗号化

クラウドストレージ「SecureStorage」はユーザー数無制限で利用可能。アップロードとダウンロードの通信経路は256ビットSSLで暗号化。証明書の発行や編集、削除も同一管理画面で操作できる。

SecureStorageのポイント

  • アップロードやダウンロードの経路は256ビットのSSLで暗号化
  • LDAPで認証、ストレージへのアクセスはクライアント証明書で認証
  • どのエンドユーザーがいつ、どのファイルを操作したのかログが記録

SecureStorageの製品解説

 クロノスの「SecureStorage」はクラウドストレージサービス。通信の暗号化、クライアント証明書、IPアドレスによるアクセス元認証、不正侵入防止システム(IPS)やマルウェア対策など内部と外部の脅威を排除している。ユーザー数は無制限。

編集部おすすめの関連記事

 データのアップロード、ダウンロードの際の通信経路は256ビットのSSL暗号化で通信して盗聴を防ぐ。LDAPで認証する。ストレージへのアクセスはクライアント証明書で認証、クライアント証明書がインストールされた端末からのアクセスだけを許可する。

 直感的な管理インターフェースでエンドユーザーやフォルダ、グループの管理が可能。証明書の発行や編集、削除も同一管理画面で操作できる。どのエンドユーザーがいつ、どのファイルを操作したのかログが記録される。

 オプションとして、接続元をIPアドレスで制御、登録されたIPアドレスからアクセスを許可できる。ユーザー企業が指定したドメインでストレージを構築できる。https通信用のSSL証明書も専用のものになる。

SecureStorageの税別価格
エントリスタンダードエンタープライズ
容量500Gバイト1Tバイト2Tバイト
初期費用5万円5万円5万円
月額費用3万9800円5万8800円9万800円
SecureStorageのまとめ
用途と機能ユーザー数無制限で利用できるクラウドストレージ
特徴アップロード、ダウンロードの際の通信経路は256ビットのSSL暗号化。クライアント証明書がインストールされた端末からのアクセスだけを許可。IPSやマルウェア対策など内部と外部の脅威を排除

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]