クラウドストレージ

SecureStorage:ユーザー数無制限のクラウドストレージ--経路はSSLで暗号化

クラウドストレージ「SecureStorage」はユーザー数無制限で利用可能。アップロードとダウンロードの通信経路は256ビットSSLで暗号化。証明書の発行や編集、削除も同一管理画面で操作できる。

SecureStorageのポイント

  • アップロードやダウンロードの経路は256ビットのSSLで暗号化
  • LDAPで認証、ストレージへのアクセスはクライアント証明書で認証
  • どのエンドユーザーがいつ、どのファイルを操作したのかログが記録

SecureStorageの製品解説

 クロノスの「SecureStorage」はクラウドストレージサービス。通信の暗号化、クライアント証明書、IPアドレスによるアクセス元認証、不正侵入防止システム(IPS)やマルウェア対策など内部と外部の脅威を排除している。ユーザー数は無制限。

編集部おすすめの関連記事

 データのアップロード、ダウンロードの際の通信経路は256ビットのSSL暗号化で通信して盗聴を防ぐ。LDAPで認証する。ストレージへのアクセスはクライアント証明書で認証、クライアント証明書がインストールされた端末からのアクセスだけを許可する。

 直感的な管理インターフェースでエンドユーザーやフォルダ、グループの管理が可能。証明書の発行や編集、削除も同一管理画面で操作できる。どのエンドユーザーがいつ、どのファイルを操作したのかログが記録される。

 オプションとして、接続元をIPアドレスで制御、登録されたIPアドレスからアクセスを許可できる。ユーザー企業が指定したドメインでストレージを構築できる。https通信用のSSL証明書も専用のものになる。

SecureStorageの税別価格
エントリスタンダードエンタープライズ
容量500Gバイト1Tバイト2Tバイト
初期費用5万円5万円5万円
月額費用3万9800円5万8800円9万800円
SecureStorageのまとめ
用途と機能ユーザー数無制限で利用できるクラウドストレージ
特徴アップロード、ダウンロードの際の通信経路は256ビットのSSL暗号化。クライアント証明書がインストールされた端末からのアクセスだけを許可。IPSやマルウェア対策など内部と外部の脅威を排除

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]