DWH インサイトテクノロジー

Attunity Visibility:Hadoopにも対応するデータ分析基盤管理ツール

データ分析基盤管理ツール「Attunity Visibility」はパフォーマンス分析、蓄積データの使用率の把握などが可能。データウェアハウスのほかデータベースやApache Hadoopをベースにした分析基盤を管理、最適化する。複数のデータ分析基盤を単一コンソールで監視する。

Attunity Visibilityのポイント

  • 複数のデータ分析基盤を単一コンソールで監視
  • エンドユーザーごと、アプリケーションごとのステートメントなどを取得
  • 使用頻度の低い領域を識別して、アーカイブ候補を選定

Attunity Visibilityの製品解説

 インサイトテクノロジーが日本の総代理店となっている「Attunity Visibility」はデータ分析基盤管理ツール。データ分析基盤のパフォーマンス分析、蓄積データの使用率の把握、エンドユーザーごとのデータ分析基盤への投資負担を可能にし、データ分析にとって最適な投資、コストの削減を実現する。

編集部おすすめの関連記事

 データウェアハウスを管理、最適化する。データウェアハウスのほかデータベースやApache Hadoopをベースにした分析基盤を管理、最適化する。複数のデータ分析基盤を単一コンソールで監視する。

 エンドユーザーごと、アプリケーションごとの実行ステートメントを取得するとともにCPUやメモリ、ディスクの使用状況も取得する。テーブルや領域ごとのアクセス頻度を取得する。使用頻度の低い領域を識別して、アーカイブ候補を選定してくれる。

 対応環境はOracle Database 10g/11g/12c(Exadataにも対応)、IBM Netezza 6/7、IBM DB2 9.1/9.5/9.7/10/10.5、Teradata 13/14/15。HadoopディストリビューションはCloudera 5.3.0/5.4.2、Hortonworks 2.2.4/2.3.0/2.3.2、MapR 4.1.0/5.0.0。

アプリケーションごとの監視画面(出典:インサイトテクノロジー)
アプリケーションごとの監視画面(出典:インサイトテクノロジー)
Attunity Visibilityのまとめ
用途と機能データウェアハウスなどのデータ分析基盤管理ツール
特徴Hadoopにも対応。複数のデータ分析基盤を単一コンソールで監視する。エンドユーザーごと、アプリケーションごとの実行ステートメントを取得するとともにCPUやメモリ、ディスクの使用状況も取得

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]