メール

「Gmail」の「iOS」向けアップデート--機械学習とAIで優先度の高いメールを通知

「Gmail」の新たな「iOS」向けアップデートは、ユーザーの注意を実質的に重要かつ優先度の高い電子メールに向けるようにする。

 「Gmail」の新たな「iOS」向けアップデートは、ノイズを無くすことで、ユーザーの注意を実質的に重要な、優先度の高い電子メールに向けるようにする。米国時間6月14日のGoogleのブログ投稿で明らかになった。新たな機能は現在、iOS向けに提供開始されたところで、「Android」版もまもなくリリースされる予定だと、同ブログ投稿は述べている。

 そもそも通知機能は、有用なツール、すなわち重要な情報をより素早く、より効率よく受信する手段となることを意図している。とはいえ、1日数百件もの電子メール通知を受けているユーザーの場合、仕事に追われてそれらを選別する時間が取れない可能性が高い。今回の新たなアップデートによって、ユーザーはそうした選別作業に取り組む必要がなくなる。

 この機能はGmailの機械学習と人工知能(AI)をベースとしたもので、どの電子メールが最初に注意を向ける必要があるかをこれらが判断している。Googleが自社のオフィス用ソフトウェアで採用している戦略の一環として、機械学習とAIが情報にコンテキストを加えることで、より洗練された提案をユーザーに対して提供する。Googleがこのテクノロジを使用することは、AIが未来のプログラム、特にビジネスソフトウェアにどのように組み込まれるかを暗示している。AIはチャットボットやデジタルアシスタント分野では既に進化しているが、スタンドアロンのソフトウェアツールとしても存在感を増すことになるだろう。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]