オフィスソフト メール

「Office」の使い方Q&A--「Outlook」メッセージを条件付き書式ルールで識別

今回のQ&Aでは、「Outlook 2016」のメッセージを色で識別する方法を解説する。

 Barrieさんは最近、「Office 2016」にアップグレードし、多くのユーザーと同様に、分類がなくなっているのを知ってがっかりした。裏技を使えば「Outlook」の分類を表示させることはできるものの、実行するのは少々やっかいで、うまくいかないことも多い。「Reclaim Outlook categories for IMAP accounts」(IMAPアカウントでOutlookの分類を復活させる)という記事を読めば、「Outlook 2016」での分類を利用する方法がわかる。ショートカットを作成して分類を利用すれば、メッセージだけでなく、Outlookアイテムすべてに分類を適用できる。ただし、メールメッセージインターフェースを使って最初にショートカットを割り当てなければならない。色を利用する手もあり、これなら裏技は必要ない。この記事では、条件付き書式ルールを適用して、受信するOutlookメッセージを色で識別する方法を紹介しよう。これから学ぶことを利用すれば、さまざまな方法でどれだけの数の条件でも強調表示できる。

 筆者は、デスクトップ版の「Outlook 2016」を64ビットの「Windows 10」システムで使用している。このテクニックは、「Office 365」のオンラインバージョンには適用できない。デモファイルはないが、必要ないだろう。

Outlookにおける条件付き書式について

 分類を利用すれば、色を手作業で指定してOutlookアイテムを識別でき、便利で融通が利く。条件付き書式でも、一般的な属性を共有する受信メッセージを識別できるが、そのメッセージがルールに従っているかどうかをOutlookが判断する。たとえば、上司から送られたすべての受信メッセージや、同じプロジェクトに関するすべてのメッセージを色づけしたいとする。どちらの場合でも、メールアドレスや件名のプロジェクト名といった、常に共通する属性がある。だが、上司が自宅のメールアドレスからメッセージを送ると、条件に合わなくなる。同様に、件名に間違いがあっても条件に一致しない。したがって、条件付き書式にリスクがないわけではない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2140文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]