人事・労務

グーグル「Hire」がAI導入--素早い面接スケジューリングや履歴書の自動ハイライト

グーグルの「Hire」プラットフォームに人工知能(AI)関連のアップデートが加わった。これにより、採用担当者はより迅速に求職者とつながることができるようになるという。

 Googleの「Hire」プラットフォームに人工知能(AI)関連のアップデートが加わった。これにより、採用担当者はより迅速に求職者とつながることができるようになるという。同社が米国時間6月19日付のブログ投稿で明らかにした。

 今回のアップデートにより、Hireは簡単な業務をワンクリックで終わらせることができるようになった。予約をしたり、求職者とコンタクトを取ったりするために何ページもクリックする代わりに、採用担当者はその作業をGoogleのAIに委ねることができる。

 Hireは、今回のアップデートの前に、既に大きな成功を収めている。事実、採用担当者は、Hireによって採用効率が84%と劇的に向上し、アプリ間の切り替えとともに、簡単な作業を終わらせるまでの時間が短縮したことを認めていると、同ブログ投稿は述べている。

 ここでは、採用担当者が恩恵を受けられるいくつかの改良点を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約985文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]