AI・機械学習

AIは人と共に働く存在に--専門家が予測する未来の仕事のあり方

人工知能(AI)は一部の分野で人間と同等以上の能力を発揮している。専門家によると、AIが人間から奪う仕事よりもAIが創出する雇用の方が多く、いかに人間の強みを生かし、AIを仕事に取り入れていくかが重要であるという。

 人工知能(AI)技術は今や、画像認識といった基本的な能力で人間と同等、あるいはそれ以上のレベルに達しており、われわれは「AIの目覚め」のまっただ中にいる。米マサチューセッツ工科大学(MIT)のInitiative on the Digital Economy(IDE)担当ディレクターを務めるErik Brynjolfsson氏は、「2018 MIT Sloan CIO Symposium」のパネル討論会でこう語った。

 人間に可能な知的作業をすべて実行できる汎用人工知能(AGI)の登場はまだまだ先だ、とBrynjolfsson氏は述べるが、機械学習は一部の分野で超人的な能力を発揮しており、企業はさまざまな恩恵を受けることができる。

 Brynjolfsson氏と同僚たちは、先ごろScienceAmerican Economic Associationに掲載された2本の論文で、23の質問からなるルーブリックを策定して、AIが現時点で得意とするタスクを特定し、米国の職業情報データベース「O*NET」における964の職業に当てはめた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2360文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]