AI・機械学習

AIは人と共に働く存在に--専門家が予測する未来の仕事のあり方

人工知能(AI)は一部の分野で人間と同等以上の能力を発揮している。専門家によると、AIが人間から奪う仕事よりもAIが創出する雇用の方が多く、いかに人間の強みを生かし、AIを仕事に取り入れていくかが重要であるという。

 人工知能(AI)技術は今や、画像認識といった基本的な能力で人間と同等、あるいはそれ以上のレベルに達しており、われわれは「AIの目覚め」のまっただ中にいる。米マサチューセッツ工科大学(MIT)のInitiative on the Digital Economy(IDE)担当ディレクターを務めるErik Brynjolfsson氏は、「2018 MIT Sloan CIO Symposium」のパネル討論会でこう語った。

 人間に可能な知的作業をすべて実行できる汎用人工知能(AGI)の登場はまだまだ先だ、とBrynjolfsson氏は述べるが、機械学習は一部の分野で超人的な能力を発揮しており、企業はさまざまな恩恵を受けることができる。

 Brynjolfsson氏と同僚たちは、先ごろScienceAmerican Economic Associationに掲載された2本の論文で、23の質問からなるルーブリックを策定して、AIが現時点で得意とするタスクを特定し、米国の職業情報データベース「O*NET」における964の職業に当てはめた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2360文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]